ウェディングケーキの注意点

ウェディングケーキについての情報が満載です!

このサイトでは、ウェディングドレスの着こなし方や最新のトレンドまで幅広く紹介しています。
結婚式でよく使われるウエディングケーキですが、この起源は古代ギリシャ時代に遡り繁栄を祈願し花嫁の頭上にビスケットなどを撒いた説が有名です。
ビスケットの原料になる小麦は当時主食だったので生活において必需品でした。
ビスケットを粉々に砕いて花嫁の頭の上に撒くことにより、収穫や子宝などに恵まれるよう願ったそうです。
今のデザインに近づいたのは18世紀頃で、イギリス・ビクトリア女王のご成婚の際に三段重ねのタイプが登場しました。
日本で登場したのは戦後になりますが、この時に採用されたのがイギリス式になります。

結婚式準備の楽しみのひとつ「ウェディングケーキ選び」

結婚式準備の楽しみのひとつ「ウェディングケーキ選び」 現在結婚式や披露宴などにおいて新郎新婦が行う初の共同作業として、ウェディングケーキをカットすることは定番です。
これは愛し合う二人が将来を誓い合った際、一つのパンを分かち合い永遠の愛を誓ったギリシャ神話に由来しています。
結婚式の見どころというとケーキ入刀ですが、これは夫婦になって初めての共同作業です。
これから手を取ってあって努力していったり、この作業を思い出しながら新鮮な気持ちで生活できるよういろいろな願いが込められています。
幸せ絶頂の二人が切り分けたものをゲストで分けながら食べることで、幸せのおすそ分けの意味もあります。
ウェディングケーキにはいくつか種類があり、よく利用されるのがイギリスの三段の方式で、アメリカの場合は一段で長方形である方式が特徴的です。
フランスのクロカンブッシュを利用する方式もあり、自分たちに合ったものを選択することができます。

ウェディングケーキを注文する際の注意点とは

ウェディングケーキを注文する際の注意点とは 結婚披露宴を行う時に必ずと言っていいほど必要なものがウェディングケーキですが、大きな見栄えのする何段ものウェディングケーキだけでなく、近年ではもっと個性的なケーキが増えています。
スポーツで知り合ったカップルならスポーツをモチーフにしたものを注文したり、スポンジ以外の素材を使ったオリジナルのものも増えてきています。
結婚式や披露宴のやり方が多様化している今、セレモニーとして使用されるものも大きく、個性的に変化しているのだとみることができます。
ですがあまりにも個性や見栄えばかりを優先してしまうと、失敗にもなってしまうので注意が必要です。
特に大人数の披露宴の場合は、招待客全員にふるまえないようなサイズの小さいものはNGです。
やはりお祝いのものですから、ゲスト全員にふるまえないとがっかりされてしまうものです。
あくまで幸せのおすそ分けとしてゲストに配るお菓子なのだということも忘れないように注文しましょう。
また、いくら見た目が豪華で面白くても、見た目が美味しそうでないものは、配られてから食べる人の食欲もうせてしまいます。
奇抜な色のものにするにしても、カットした断面は美味しそうにするなどの配慮も必要です。

結婚式に欠かせないウェディングケーキのおすすめは?

結婚式のセレモニーに欠かせないのがウェディングケーキです。
新郎新婦が共同作業として行う入刀や、お互いに食べさせ合うファーストバイトを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
ファーストバイトには、一生食べるものに困らないようにという願いが込められています。
ウェディングケーキには、イチゴなどフルーツをふんだんに使ったフレッシュなものから豪華なイミテーション、クロカンブッシュ等色々な種類があります。
定番なのはフルーツを使ったもので、後から切り分けてゲストに提供されます。
見た目にも華やかですし、美味しいのでゲストにも喜んでもらえます。
ナイフを入れる部分だけ本物でそれ以外は作り物というイミテーションは、大きく豪華にできるのでゴージャスな披露宴にしたい人におすすめです。
クロカンブッシュは小さなシュークリームを積み上げたフランス伝統のスイーツになります。
シュークリームをキャベツに見たて、子孫繁栄を願ったものです。

ウェディングケーキで人気がある高さについて

披露宴などで使用されるアイテムの中で、特にウェディングケーキは非常に重要な位置づけになるものです。
ケーキ入刀という儀式は新郎新婦が初めて行う共同作業であり、式のメインイベントといっても言い過ぎではないでしょう。
ここではウェディングで人気がある高さについて、レクチャーをしていきます。
全国のブライダル会社にアンケートを取った所、約40cmの高さのものが人気となっていました。
このサイズが支持をされている理由は、入刀時に新郎新婦の顔がしっかりと見えるからです。
おもに4段の大きさになっており、数字的にも切りが良いと考えられています。
また、昨今では来賓者にくばる方も多く、約50人前分という点も人気理由となっていました。
サイズを費用に換算をすると約15万円となるので、コストの面もちょうどいいと考えられます。
ウェディングの花形ともいうべきアイテムで、ご自身たちを彩るものと考えるのに丁度いい大きさでしょう。

実は結婚式でゲストが楽しみにしているのは、ウェディングケーキの美味しさ

これから結婚式を挙げる予定の新郎新婦は、ドレスや料理であったり飲み物やテーブル装花などさまざまな選ぶ・決める作業が膨大に発生することになります。
両親や参列してくれるゲストが楽しんでくれるような会場づくりや出し物、引き出物などを考えるのは楽しいものです。そしてゲストは、花嫁の綺麗なウエディングドレス姿や美味しいコース料理をとても楽しみにしてくれているものです。
ここで忘れてはいけないのが、実はゲストは結婚式の醍醐味として期待していることの一つに、ウェディングケーキの美味しさもあります。
お料理やお酒に気を取られて、あまりこだわってきちんと選べなかったと後悔する新郎新婦もたくさんいます。
ウェディングケーキは見た目が綺麗で会場に映えることはもちろん、味もきちんと確かめて決めるとゲストの満足度も格段にUPします。
新郎新婦ならではのこだわりを追加したり、カスタマイズしてもらうなどのエンタテインメント性をプラスするのもおすすめです。

ウェディングケーキ入刀は定番のイベント!

結婚式で行われているイベント的なものとして、必ず挙げられる一つにウェディングケーキ入刀が有ります。
夫婦で最初の共同作業ともいわれていますし、シャッターチャンスという事で披露宴では参列された方に写真撮影をしていただいたり、楽しんでもらうというイベントの一つです。
夫婦で一緒にナイフを持って行うもので、写真映えもするのでそこで使われるウェディングケーキはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。
基本的に一昔前ですと大きなものを使って、入刀していて写真映えだけを意識して使われていました。
今はそのまま食事の時にカットされたものが提供されるという流れがありますし、生を使うというのが定番です。
見た目も有る程度大きくゴージャスな物を使って、さらにそれがそのままいただけるということも有って定評があります。
結婚式場やホテルのプランに入っているのはちいさなものであったりしますので、大きなものはオプションで選んだりします。

結婚式のウェディングケーキは生が主流です!

コロナ禍ということもあり、結婚式を控えていた方もいたかと思いますが、今後どんどん開催されることが予想されます。
ケーキ入刀というイベントが必ずのように披露宴では盛り込まれてきますが、ウェディングでは基本的に生を使う事が定番です。
そこで使われたものは、披露宴の食事の時に皆さんにふるまわれるという流れが良くあります。
大きなものを用意すればそれだけ高くはなりますが、ウェディングの写真映えなども考えて用意される方が多いです。
新郎新婦として初めての共同作業という位置づけも有りますし、ぜひお気に入りの写真となるようなアイテムの一つでもあるケーキ選びは入念に行ってください。
一昔前ですと入刀する部分だけスポンジで作られていて、後は偽物ということも多かったですが今はすべて食べられる本物を使っていることが多いです。
それぞれの結婚式場やホテルで注文をしたりオプションで含まれていることも有りますので確認してみてください。

結婚式に関する情報サイト

大阪 ウェディング