ウェディングケーキの注意点

ウェディング限定プラン

ウェディング限定プラン

ウェディング限定プラン ウェディングドレスは女性の憧れですが、近年は神前式などで十二単を着る女性も増えています。
十二単は現代のような染色技術が無かった当時、重ね色によって色の組み合わせを楽しんだことが始まりで、神社では神前式限定で白無垢のお色直しとして十二単のレンタルをプランに取り入れた挙式もしており、本物のお姫様になれると人気です。
ただし新郎が着る束帯については黄櫨染や黄丹は一般人は着てはいけない禁色のため、ベージュやからし色や柑子色で代用されます。
日本でウェディングドレスが定着したのは実は最近で、きっかけは現上皇陛下に嫁いだ当時の正田美智子さまがウェディングドレスを着ていたからです。
昭和時代は日本文化を大切にするよりも欧米文化の吸収が良しとされた時代だったので、時代の流れにそった形として取り入れられていきました。
その後秋篠宮妃や現皇后陛下の挙式で十二単がメディアで流されると、日本文化への回帰もあり白無垢での挙式も増えました。

心に残るようなウェディングプランのおすすめ

心に残るようなウェディングプランのおすすめ 女性が一番輝く時と言っても過言ではない結婚式には様々な形のものがあります。特に心に残るウェディングにする為にも、自分たちで手作りしたようなアットホームなウェディングのプランを立ててみるのも悪くはないはずです。
中でもガーデンウェディングは、青空の下で芝生の緑や木々の緑を感じることが出来て、とてもロマンティックな気持ちで開放的な雰囲気になれる点がおすすめです。バルーンリリースやバブルシャワーなどの室内であればできないような演出でも、野外だと来てくれたゲスト全員で行うことが出来ます。
このようなゲストも一緒になって参加している様子を写真に残す事も、普通の室内でスケジュール通りの決められたプログラムでする結婚式と違って、とても開放的で参加者それぞれの笑顔も輝いて見えることでしょう。一生にそう多くない輝ける時を自分たちで一緒に作り上げていくことが、そのあとの二人の生活に希望をもたらしてくれる事に間違いはありません。